【原因と対策】コーヒーを飲んだ後の口臭はなぜ発生するのか

【原因と対策】コーヒーを飲んだ後の口臭はなぜ発生するのか

12月 3, 2019

コーヒーはとてもいい香りなのに、コーヒーを飲んだあと口臭が気になったことはないでしょうか。

コーヒーの利尿作用やコーヒー豆の微粒子が舌に残ることによって口臭が発生します。

この記事では、コーヒーを飲むと発生する口臭の原因とその対策についてご紹介します。

コーヒーによる口臭の原因

ホットコーヒー (2)

コーヒーを飲むと、

  • コーヒー豆の微粒子
  • カフェインの利尿作用
  • クロロゲン酸による胃酸の分泌促進

によって口臭が発生します。

【原因1】コーヒー豆の微粒子

インスタントコーヒー

コーヒーを飲むとコーヒー豆の細かい微粒子が舌に付着します。

この微粒子をそのままにしておくと、口臭の原因になるようです。

実際にコーヒーを飲んだ後、舌の状態を確認すると、コーヒーの色でやや茶色くなっているのがわかると思います。

このコーヒー豆の微粒子の保有量は焙煎度合いからも違いがあり、

浅煎り< 中煎り < 深煎り

の順番で濃度が濃くなっていきます。

さらに、濃いコーヒーの方が口臭の原因である微粒子が増えていきます。

【原因2】カフェインの利尿作用

氷が入ったアイスコーヒー

コーヒーに含まれているカフェインは利尿作用があります。

この利尿作用により体内の水分が外に出ることで、口が乾きやすくなり口臭を発生させます。

口が乾くと口内がねばねばしたり、歯垢の増加につながり口臭も強くなります。

この状態が続くと唾液の分泌量が低下し口内の渇きが進行するため、さらに強い口臭を引き起こすことにつながるようです。

【原因3】クロロゲン酸による胃酸の分泌促進

コーヒー豆を手に持つ

コーヒーにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が含まれています。

このクロロゲン酸は脂肪分解効果や、発がん予防、糖尿病予防と優れた機能が備わっています。

しかし、空腹時にコーヒーを飲むと胃に負担がかかり、クロロゲン酸が胃酸の分泌を促進させます。

胃酸の発生が過剰になると、胃がムカムカし呑酸(どんさん)が出てきて強い口臭の原因となります

関連記事「コーヒーに含まれるカフェインの効果や副作用

コーヒーによる口臭の対策

ここからは口臭対策と予防法をご紹介します。

【対策1】舌を清潔に保つ

コーヒーを飲んだ後に舌に付着する微粒子は、取り除いてあげることが効果的です。

すぐに思い浮かぶのは「歯ブラシ」だと思いますが、歯ブラシで舌を磨いたりブラッシングすると舌を傷つけてしまいます。

舌を傷つけると乾燥しやすくなり、においの原因にもなるのでおすすめしません。

おすすめは、舌専用の「舌ブラシ」です

外出の際に舌ブラシをするのが大変な方は薬用オーラクリスターゼロのような持ち運べる口臭予防スプレーがおすすめ

  • おすすめアイテム【薬用オーラクリスターゼロ
    3秒で口臭予防・口内浄化。持ち運びに便利なスプレーと初回限定で舌ブラシも貰える!

【対策2】水分を補給する

コップ一杯の水

コーヒーを飲んだら水を飲んで口内の汚れを流し、水分補給をしましょう。

こまめに水分を補給することで、口内の乾きを防ぎ口臭が抑えられます。

icon
MINA

この場合コーヒーでの水分補給ではなく、水やお茶などが好ましいです。

【対策3】ガムをかむ

ガム

唾液の分泌を増やすという意味では、ガムをかむのも効果的。

特にキシリトールガムは、一日3~5回ほど噛むと口内環境の改善に効果的とされ、その際は5分以上噛むと良いと言われています。

すぐに歯磨きや舌磨きが行えない場合などは、手軽に使えるガムを常備しておくと良いでしょう。

【対策4】空腹時のコーヒーは避ける

ホットコーヒー を手に持つ

朝一番や空腹時のコーヒーは胃腸に負担がかかり胃の荒れを引き起こす可能性があります。

また、クロロゲン酸が胃酸の分泌を促進してしまうので、食後に飲むのをおすすめします。

【対策5】砂糖・ミルクを控える

カフェラテ

砂糖やミルクもコーヒーと同様に、舌に残り口臭を発生する原因になりますので、ブラックで飲むのが良いでしょう。

コーヒーによる口臭の原因と対策まとめ

【原因1】コーヒー豆の微粒子
舌にコーヒーの微粒子が残ることで口臭が発生する

【原因2】カフェインの利尿作用
利尿作用で口内が乾き、口臭の原因になる

【原因3】クロロゲン酸による胃酸の分泌促進
胃に負担がかかり、胃酸分泌が促進され口臭が発生する

【対策1】舌を清潔に保つ
コーヒーの微粒子を取り除く

【対策2】水分を補給する
口内が乾くのを防ぐ

【対策3】ガムをかむ
唾液分泌で口内が乾くのを防ぐ

【対策4】空腹時のコーヒーは避ける
胃の荒れ、胃酸分泌を抑制する

【対策5】砂糖・ミルクを控える
砂糖やミルクも口臭の原因になる

コーヒーは人を惹きつける香りが魅力的ですが、口内に残されたコーヒー豆の微粒子は時として口臭の原因となります。

ぜひ、コーヒーの成分とその効果を覚えておき、自分も他人にも嫌な思いをしないよう対策をして良いコーヒーライフを送りましょう。

薬用オーラクリスターゼロ公式サイト