濃厚な甘みとボディが楽しめる「コロンビア」コーヒーの味と特徴

濃厚な甘みとボディが楽しめる「コロンビア」コーヒーの味と特徴

2月 1, 2021

コロンビアコーヒーは重厚感と甘さが特徴です。酸味、苦みもバランスも良く全体的にまとまりが良いコーヒー豆は個性的すぎず、安定感があります。いつものコーヒーや迷ったときにはおすすめの豆です。

コロンビアコーヒーの歴史や3つの産地による味の違い、インターネット通販でも簡単に買えるおすすめのコロンビアコーヒーをご紹介していきます。

コロンビア コーヒーの特徴

南米大陸に位置するコロンビアは、地質や気候がコーヒー栽培に適していて美味しいコーヒー豆を栽培する条件をクリアした数少ない国です。地域によって雨量や乾季が異なるため年間を通して様々な場所で新鮮なコーヒーが日々収穫されています。

比較的安価で取引されるためブレンドのベースに使われることも多く、日本でも定番の品種であるコロンビアはコーヒーの基本の味とも言われています。

コロンビア コーヒーの歴史

コロンビアコーヒーは、1700年代~1800年頃キリスト教の修道院がコーヒノキを植えられたことが始まりだと言われています。

国外への輸出は周辺の国により少し遅く1835年に初めて輸出を開始。まもなくしてコロンビアの農家たちはFNC コロンビアコーヒー生産者連合会を設立しました。現在では56万人以上のコーヒー生産者が連合に加盟しており、その高い品質が他の国々でも評価されています。いまやコロンビアのコーヒー産業は国の経済を担うのに重要な輸出産業となっています。

コロンビア コーヒーの3つの産地と味の違い

コロンビアコーヒーの産地は大きく分けて3に分かれています。

日本の約3倍の面積もあり、とても大きな国のコロンビアでは生産地域によって環境やコーヒーの味わいに違いがあります。一口にコロンビアと言っても様々な楽しみ方ができるのもコロンビアの魅力のひとつです。

北部地方

地域:「サンタンデール」「ノルテ・デ・サンタンデール」「マグダレーナ」「セラール」等

北部エリアのコーヒーは、標高が900m-1300mと低く、気温は年間30℃弱と高めの気温の土地で栽培されます。原生林の天然の日陰があるため強い日差しから守りつつも長い時間日光にもあたるためコーヒー豆の成長の手助けをしています。

この地域で作られるコーヒー豆の味の特徴は、柔らかくまろやかな酸味、中間〜フルボディ、ナッツやチョコレートのような香りを楽しむことができます。

中部地方

地域:「クンディナマルカ」「ノルテ・デ・トリマ」「アンティオキア」「カルダス」「リセラルダ」「コルドバ」

中部エリアはコーヒーの栽培に理想的な標高1300m-1700mほどの山々で収穫されます。周辺を火山に囲まれておりその火山灰から豊富な栄養を摂取することができます。年間を通して降水量も多くバランスの取れた程よい酸味とコクのコーヒーが作られます。

この地域で作られるコーヒー豆の味の特徴は、フルーティで程よい酸味、ハーブのような気高い香りを有しています。

南部地方

地域:「ナリーニョ」「カウカ」「プトゥマヨ」「ウィラ」等

標高が1800〜2300mと高く、気温が低めの土地が特徴です。このような地域ではゆっくりとコーヒーの実に糖分を蓄え、成長していくため香りが高く、強めの酸味を感じる柑橘系の味になります。

おすすめのコロンビアコーヒー

コロンビアコーヒーはインターネット通販やスターバックスの店舗等でも簡単に入手することができます。

【KIRKLAND カークランド】 100%コロンビアコーヒー 1.36kgレギュラーコーヒー(粉) 細挽き

Amazonのレビューでも高評価のコロンビアコーヒー。細挽きで、味はしっかりと濃いダークローストです。価格が安いコーヒーにありがちな雑味が少なく毎日コーヒーを飲む方や常用のコーヒーに悩まれている方におススメです。

LIGHT UP COFFEE【SWEET】LA LOMA – COLOMBIA 500g

「コーヒーで生活を明るく照らす」をコンセプトに、スペシャルティコーヒーの魅力を発信する自家焙煎コーヒーの専門店、LIGHT UP COFFEE。

新作のLA LOMA – COLOMBIAはクリーミーで甘いコーヒー。オレンジやレモンケーキを思わせる、柑橘感の中にも優しく続く甘さが特徴的で、収穫地から生産者の情報までオープンにしているのでコロンビアの大地を感じつつコーヒー楽しめる一杯ですね。

lightupcoffeeスイート
ライトアップコーヒー / LIGHT UP COFFEE 東京吉祥寺のコーヒーショップ。下北沢の焙煎所でコーヒー豆は焙煎しています。 スペシャルティコーヒーを自…
lightup.stores.jp

カルディ【焙煎珈琲】コロンビア/200g

ジューシーなフレーバーと滑らかな口あたりなコロンビアコーヒー。
カウカのトトロ地区から集められた収穫地域限定コーヒーで、アンデス山系の高い標高と安定した気候で育ったコーヒー豆でさわやかな酸味が楽しめるコーヒー豆です。

カルディの豆は200gと比較的少量でお値段も安いため気軽に楽しめるのもポイントですね。

コロンビアコーヒーのまとめ

  1. コーヒーとしてのバランスが良くいつものコーヒーや困ったときの一杯におすすめ。
  2. コロンビアはコーヒー大国。産地によって収穫時期が違うため一年中コーヒーが収穫されている。
  3. 産地によって味わいが異なるため上級者には産地による楽しみ方ができる。