コーヒーが2割ほど値上げしている。UCCやキーコーヒーも

コーヒーが2割ほど値上げしている。UCCやキーコーヒーも

国内の家庭用コーヒーの店頭販売価格が2割ほど高くなるそうです。

なぜ値上げするのか

手のひらのコーヒー豆
  • コロナワクチン接種による世界経済の回復傾向で、海外のコーヒーの消費が伸びている
  • ブラジルなどコーヒー産地の天候不良で、コーヒー豆の国際価格が高騰している
  • 円安による調達価格が上昇している

ブラジルでは7月に霜が降りる「霜害」が起きてしまい生産に遅れが出ているそうです。

icon
MINA

需給バランスが崩れているのが原因ですね。

値上げ予定の主なコーヒーメーカー

ブラックコーヒー

すでに値上げ実施しているメーカーもあります。

主力レギュラーコーヒーが主に値上げ対象。

  • UCC上島珈琲:2021年9月~
    一部商品を2割ほど値上げ
  • キーコーヒー:2021年10月~
    一部商品を2割ほど値上げ
  • 味の素AGF:2021年10月~
    一部商品を2割ほど値上げ
  • 猿田彦珈琲:2021年7月~
    一部商品を100gあたり30円~50円の値上げ
  • 丸山珈琲:2021年7月15日~
    一部商品内容量2割減の実質値上げ

レストランや喫茶店などの業務用コーヒーも値上げする方針。

その他コーヒーショップも値上げ実施予定だそう。

ネット店でも値上げ予定

インターネットで購入できるコーヒー豆も例外ではないようです。

ネット購入ではメジャーな澤井コーヒーでも値上げを予定しております。

現在、世界中でコーヒーが飲まれる人々が増えた事や、

配送会社の宅配料金の大幅な値上げ、

コーヒーの産地の天災等のトリプルショックで、

企業努力では、とても、耐えることが
出来なくなるまでコーヒー原料が高騰しております。

そこで、本当に申し訳ございませんが、
コーヒー豆の価格を順次改定させて頂きたいと思います。

澤井コーヒー注文ページより

正式に何日からとは記載はありませんでした。

企業努力のおかげで大幅な値上げではないものの、コーヒーを毎日飲まれている方や、少しでも安く飲みたい方は注文しておくことをおすすめします。