コーヒーによる歯の着色汚れを軽減する方法【おすすめ歯磨き粉】

コーヒーによる歯の着色汚れを軽減する方法【おすすめ歯磨き粉】

コーヒーを飲むと着色汚れ(ステイン)が付着しやすくなり、歯が黒ずんだり黄ばみの原因となります。

この記事では、コーヒーによる着色汚れを軽減する方法着色汚れに効果的な歯磨き粉を紹介します。

コーヒーが歯の着色汚れとなる原因

コーヒーに含まれているポリフェノールやタンニンが、 歯の表面に覆われている「ぺクリル」 に付着することで徐々に歯が黄ばんだり着色汚れ(ステイン)が定着します。

歯のイメージ

コーヒーは色が黒いので、コーヒーの色がそのまま歯についてしまうと思われがちですが、実際は異なります。

色素沈着しやすいポリフェノールやタンニンが、歯の表面に覆われている「ぺクリル」という薄いたんぱく質の膜に付着することで、着色汚れが定着してしまうようです。

そのためコーヒーを摂取する回数が多いと、着色汚れも付きやすくなります。

icon
MINA

ステインが付着しやすい飲食物はコーヒーの他にも、緑茶や紅茶、カレーやミートソースなどが例に挙げられます。

歯の着色を軽減するコーヒーの飲み方

コーヒーを日常的に飲む方で、着色を少しでも防ぎたい方は以下のポイントを心がけましょう。

ダラダラ飲まない

カフェラテ 歯のイラスト

口の中に長時間コーヒーが含まれている状態だと、歯の着色もしやすくなってしまいます。

長い時間コーヒーを飲むのではなく、ある程度短時間でコーヒーを飲み終え、口をゆすいだり歯磨きするようにしましょう。

唾液を出す

口内が乾いていると着色汚れが定着しやすくなります。

唾液には、口の中の汚れを洗い流してキレイに保つ効果があります。

普段の食事からよく噛んだり、人と話すことによって唾液は分泌されます。これらを心がけましょう。

icon
MINA

キシリトールガムを噛むのも効果的です。

正しい方法で歯磨きをする

ネコが歯磨き

強くゴシゴシ磨くと歯が傷つき、逆に着色汚れが付きやすくなってしまいます。

優しく丁寧に磨くことで、着色汚れを防ぎキレイな歯を保つことができます。

水で口の中をゆすぐ

コーヒーを飲んだ後、口の中には歯を着色する成分が残っています。

すぐに歯磨きできない場合は水で口をゆすぐだけでも着色の付着を軽減することができます。

コーヒーの着色汚れに効果的な歯磨き粉

着色汚れを落とす成分が含まれている歯磨き粉を使うのもおすすめです。

歯ブラシと歯磨き粉

汚れを除去し歯の表面をコーティングするポリリン酸ナトリウム、歯の表面の傷を埋めて汚れや着色を防ぐハイドロキシアパタイトという成分が入っているかが歯磨き粉選びのポイントとなります。

シュミテクト トゥルーホワイト

「ポリリン酸ナトリウム」配合。ステインや歯の汚れを浮き上がらせて、除去してくれます。

フッ素を配合しているので虫歯の予防にも効果的。

シュミテクトは知覚過敏予防として有名ですが、ホワイトニングがしたい人にはこちらがおすすめ。

アパガード Mプラス

「薬用ハイドロキシアパタイト」配合。

歯の主要成分ハイドロキシアパタイトが歯垢を吸着除去しながら、細かい傷を埋めてくれます。

着色汚れを付きにくくするので、美しい歯を目指す方はこちらがおすすめ。

すでに歯の着色が気になっている方は

予防方法は分かったけど時すでに遅く、歯の着色にお悩みの方はホワイトニングを検討しましょう。

最近ではスーパーホワイトLV【ホームホワイトニング】など、自宅でセルフホワイトニングができる商品が人気です。

icon
MINA

専門店通うよりはるかに安価で手軽に試すことができます。

コーヒーは着色が付くからといってやめるのではなく、今後正しいケアや付いてしまった着色をホワイトニングするなどして上手に付き合っていきましょう!

おすすめアイテム

スーパーホワイトLV【ホームホワイトニング】(家庭用ホワイトニング美容器)

直営サロンと同じパワー!自宅で手軽にホワイトニングができ10分の1のコストで簡単に白い歯を目指せる!