【1杯16円】コストコのコーヒー豆オーガニック ホールビーンブレンドはお値段以上の美味しさ。

【1杯16円】コストコのコーヒー豆オーガニック ホールビーンブレンドはお値段以上の美味しさ。

1月 28, 2021
コーヒー豆

コストコに販売されている大容量のコーヒー豆。今回はオーガニックのコーヒー豆「カークランド オーガニックホールビーンブレンド」を紹介します。

コストコ カークランド オーガニックホールビーンブレンドって?

ホールビーンブレンド

コストコのプライベートブランドであるカークランドシグネチャーの商品になります。豆の産地はホンジュラス、ニカラグアで中深煎りです。やや苦味寄りですが苦味と酸味のバランスが良くとても飲みやすいです。

ダークにミディアムローストされた、「スペシャリティグレード」のUSDAオーガニックは南米・中央アメリカのコーヒー豆をブレンド
標高の高い場所(少なくとも1,400メートル)から収穫されたプレミアムコーヒー豆

コストコ公式HP-カークランドシグネチャー オーガニックホールビーンブレンド ミディアムダークローストコーヒー 907g

907gで1,468円で購入することができます。オーガニックのプレミアムコーヒー豆ということもあり、コストコのスターバックスブレンドやエスプレッソブレンドよりややお値段が上がりますが、それでもとても安いです。

スターバックスブレンドやエスプレッソブレンドは一杯14円ですが、オーガニックホールビーンブレンドは一杯16円程度。本当にコストコのコーヒー豆はコスパが良い。(一杯10gで計算)

オーガニックホールビーンブレンドはクセがなく苦み・酸味のバランス◎

ホールビーンブレンド試飲

やや苦味寄りですが、苦味・酸味のバランスが良いです。甘みもあり、香りも芳醇です。ナッツのような風味も感じることができます。クセがなく飲みやすいのでいつものコーヒーとしておすすめです
味わいもそこまで濃くないのでブラックで飲むのがおすすめです。

スターバックスハウスブレンドとの味の違い

オーガニックホールビーンブレンドはハウスブレンドよりも「苦味が控えめ・香り高くより甘い」味わいです。
どちらも美味しいのですが、ストレートで飲むならオーガニックホールビーンブレンドの方が飲みやすいと思います。
ミルクを入れるならハウスブレンドがコーヒーの味がしっかり感じられるので良いでしょう。また、苦味が強めが好きな方やより濃い味わいが良い方もハウスブレンドの方が香ばしい味わいが楽しめます。

淹れ方と飲み方

ホールビーンブレンド飲み方

説明には大さじ2杯(約10g)の豆に対して水180mlが目安です。コーヒー豆は、ドリップなら中細挽き、フレンチプレスなら中挽きに挽くのが良いでしょう。

豆の状態について

ホールビーンブレンド豆

豆のサイズはやや大きめで、コーヒー豆の油分はそれほど出ていません。雑味の原因と言われる欠点豆も他のコストコの豆と比べるとありませんでした。想像以上にきれいです。香りがとにかく強いです。香ばしくていい香りです。

icon
Mina

「欠点豆」とは、コーヒーの味・香りの悪影響を及ぼす豆のこと。コーヒー豆が割れていたり、貝殻のようにへこんでいたり、焦げているものはハンドピックをして取り除いた方が、雑味・えぐみのない美味しいコーヒーになります。

コストコ カークランド オーガニックホールビーンブレンドの基本情報

価格

1,468円(2021年1月時点 店頭価格)

907g

賞味期限

12か月程度

2021年1月に購入したものは2021年12月の賞味期限とされていました。このことから賞味期限はおおむね12ヶ月としてよいでしょう。しかし、開封したらできるだけ早く使用しましょう。

カークランド オーガニックホールビーンブレンドのまとめ

  • 一杯あたり16円程度と高コスパ。いつものコーヒーにおすすめ。
  • 香り高くやや苦味寄りだがバランスが良く飲みやすい。
  • 欠点豆は少なめ。ハンドピックするとより雑味のない味わいに。

コストコ コーヒーの記事一覧