【青の贅沢】セブンイレブンに高級志向のコーヒーが登場。さっそく飲んでみた

【青の贅沢】セブンイレブンに高級志向のコーヒーが登場。さっそく飲んでみた

12月 4, 2019

手軽に美味しいコーヒーを飲む選択として、「コンビニコーヒー」の存在が身近なものになってきました。
中でもセブンイレブンは店舗数も多く、よく飲まれている方も多いのではないでしょうか。

そんなセブンイレブンですが、2019年12月4日に定番のコーヒーに加え、キリマンジャロブレンドによって力強い香りコクが楽しめる高級志向の【青の贅沢】が発売されましたのでご紹介します。

青の贅沢とは

ホットコーヒーのラインナップに追加された、【高級志向】のコーヒー
キリマンジャロ豆を贅沢にブレンドしたこの商品の特徴は、「力強いコクと香り」にあります。
以前から販売されている『定番の白』より、さらに深煎りをしたイタリアンローストになっています。

キリマンジャロとは

キリマンジャロとは、アフリカ大陸のタンザニアにあるキリマンジャロ山で栽培、収穫されたコーヒー豆のこと。

標高が2000m前後と高く、昼夜での寒暖差が激しく身が締まった高品質なコーヒー豆に育つのが特徴です。

通常のコーヒーより10円高い

セブンイレブンには『定番の白』と呼ばれるレギュラーコーヒーが税込100円で販売されていますが、青の贅沢は税込110円と10円高い設定。

しかし、高級豆であるキリマンジャロ豆をブレンドした特別な一杯を10円の値上げで済んだのは逆に良心的に感じました。

価格は、
レギュラーサイズ:110円
ラージサイズ:160円
となっています。

実際にセブンイレブンへ

実際にセブンイレブンへ足を運び、青の贅沢を購入しました。

コンビニのコーヒーマシンでは自分が買った商品に応じたボタンを押す必要がありますが、セブンイレブンのコーヒーマシンはレジで注文したカップを専用のマシンに入れると、自動的になんの商品か計測してくれます。

ボタンの押間違いを気にしなくていいので、この仕様はありがたい。

カップを入れるだけでスペシャリティと認識してくれます。

味と香りの変化は?

気になる味と香りですが「定番の白」と比べて、確実に違いが分かりました。
というのも私はセブンイレブンのホットコーヒーを毎日のように飲んでいるため、その違いがすぐに分かりました。

香りは通常のものに比べ、よりはっきりとした印象
ぼんやりした感じはなく、鼻の奥にスッとコーヒー豆本来の香りを感じることができました。

続いて味ですが、白の定番コーヒーと比べ、ガツンとした飲みごたえです。
酸味はあまり感じません。
セブンイレブンの説明通りコク、苦味を強く感じます。
端的に言えば『味が濃い』といった表現がしっくりきます。

いわゆるカッピングをするとその味がより鮮明なものに感じるので、違いがわかりにくく感じた方は、すするように飲むとその違いが分かるかもしれません。

『定番の白』『青の贅沢』をその場で飲み比べるとその違いは明確。

「今まで飲んでた白はこんなにも酸味が効いたさわやかな味だったんだ」
と新しい気づきがあるはず。

10円の違いなら全然あり

セブンイレブン初のスペシャリティコーヒーということで、価格が高くなるものと思っていましたが、『定番の白』と比べても差額が10円ということに驚きました。
素直に美味しいといえる味でしたし、キリマンジャロブレンドを気軽に飲めるようになり嬉しい限りです!

【出典:セブンイレブン