見た目だけじゃない!ドリップポットの種類と選び方のポイント

見た目だけじゃない!ドリップポットの種類と選び方のポイント

5月 3, 2021

ステンレス、銅、ホーローと種類の多いドリップポット。

個人的な買い替えのついでに、機能性の違いや選ぶにあたってのポイントをまとめました。

ドリップポット購入を検討している方向けのチャートも作成したのでぜひご活用ください!

ドリップポットの素材

ドリップポットを選ぶ際にまず注目したのは素材。

ステンレス、銅、ホーローの3種類が主な選択肢でそれぞれ異なった特徴があります。

ステンレスのドリップポットの特徴

特徴注意点
錆びにくくお手入れがしやすい沸騰したお湯が冷めやすい

ステンレス製のドリップポットは比較的安価で、耐久性もバッチリ。

初めてのドリップポット購入の際におすすめです。

お湯は冷めやすいですが、保温が必要ない人にはデメリットになりませんね。

銅製のドリップポット

特徴注意点
熱伝導率が高く、早くお湯が沸く衝撃に弱く、へこんだり傷つきやすい

銅製ドリップポットはクラシカルな見た目がおしゃれで、インテリアとしても魅力的。

ただ、使用していくうちに、指紋や油が表面に付き黒ずんだりとお手入れが大変な一面もあります。

琺瑯(ホーロー)のドリップポット

特徴注意点
保温性が高く、錆びにくい重い、注ぎ口が太い

ホーローは金属の表面にガラス質の釉薬(ゆうやく)を焼き付けた素材。

他の素材と比べ重く、強い衝撃を与えると割れたりする可能性もあるので、扱いには慎重になりそう。

また、注ぎ口を細くする加工が難しく、注ぎ口が太めなので、コーヒーをドリップするには中級の腕前が必要かも。。。

月兎印(つきうさぎじるし)が有名で、見た目も可愛らしくインテリア映えもします。

私は月兎印のドリップポットを購入しました!

レビュー記事はこちら「コンパクトでレトロかわいい!月兎印スリムポット 0.7L ホワイト レビュー

注ぎ口の形状

コーヒーをドリップする際重要になるのが、注ぎ口の形状。
注ぎ口の太さが細く、一定であると安定した湯量を注ぐことができるためです。

「細口タイプ」と「鶴口タイプ」が基本となります。

それぞれの特徴は下記の通り。

一定の湯量を保てる細口タイプ

山善のケトルでドリップコーヒーを淹れている写真

細口タイプはドリップ初心者でも、ムラなく安定感のある抽出ができるのが特徴です。

鶴口のタイプと比較し、お湯を一滴づつ垂らすような淹れ方は難しい。

慣れてきたら鶴口タイプ

細口と比べ安定性に欠けるものの、様々な淹れ方ができるのが鶴口タイプの特徴。

飲み口が軽く、さっぱり飲みたいときは勢いよく、苦みを強く出したいときは1滴ずつ、とフレキシブルな抽出ができます。

初めてドリップポットを買う場合は細口タイプを、抽出にこだわり、ドリップを突き詰めたい人は鶴口タイプがおすすめです。

用途に合った容量

小さいもので350mlから、大きいものだと2リットル近くの容量から選べます。

1~2人のコーヒーを入れる方は750ml、3~4人なら1リットル以上、と自分の環境に合ったサイズを選ぶと良いでしょう。

ただし大きいドリップポットは重くなり、お湯を注ぐときに負担になったり、綺麗に淹れることが難しくなったりします。

1~2人分を淹れることが多い場合は、1リットル未満のものから使い始めましょう!

あなたに合う!ドリップポットYES/NOチャート

意外と種類が多いドリップポット。

どれを買っていいかわからない!とお困りの方のために、「ドリップポット YES/NOチャート」を作りました。

ぜひ、ドリップポット購入の目安にしてください。

ドリップポットYES/NOチャート

ステンレス、細口タイプのおすすめ

初めてドリップポットを買う方、コーヒードリップに慣れていない方はステンレスで安定した注ぎができる細口タイプがおすすめです。

HARIO(ハリオ) V60ドリップケトル

HARIO(ハリオ) V60ドリップケトルはガス、IH両対応で、値段も3000円弱と比較的安めです。

シンプルな使い勝手で、初めての方やコーヒードリップ以外の用途にも使えます!

カリタ Kalita コーヒーポット ステンレス製

こちらもガス、IH両対応です。注ぎ口が細く特にハンドドリップに適しています。

やや縦に長くスタイリッシュな印象です。かっこいい。

銅製、細口タイプのおすすめ

見た目にもこだわりたい、安定した抽出をしたい方には銅製、細口タイプがおすすめ。

きらきらした銅の質感は見ているだけでも、うっとりしてしまいそう。

Kalita (カリタ) ドリップポット 銅メッキ 600ml

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥13,298 (2021/10/17 08:40:29時点 Amazon調べ-詳細)

銅は熱伝導がよく、何度も注ぎ分けるハンドドリップコーヒーに向けのドリップポット。

600mlと少量サイズのため、本体重量が500g以下です。とても軽いので女性にもおすすめ!

カリタ Kalita コーヒーポット ドリップ式専用 銅 900ml

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥6,980 (2021/10/18 07:04:54時点 Amazon調べ-詳細)

見た目がとてもユニークなコーヒーポットです。

注ぎ口は細く狙ったポイントに抽出するにも向いています。個性的なあなたに!

琺瑯(ホーロー)鶴口タイプのおすすめ

傾け次第でいろいろな抽出ができる鶴口タイプのドリップポット。

すでに細口タイプをすでに持っている方や、ドリップをもっと極めたい方におすすめ!

月兎印 スリムポット 1.2L ホワイト

created by Rinker
ツキウサギジルシ(Tsukiusagijirushi)
¥4,400 (2021/10/17 18:12:31時点 Amazon調べ-詳細)

LIGHT UP COFEEでも使用されている月兎印のドリップポットは、スリムで最小限のお湯で注ぎやすいのがポイント。

カラーの展開も豊富であなたにぴったりのカラーがきっと見つかるは

HARIO(ハリオ) ホーロー ドリップ ケトル ボナ 800ml IH対応

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥4,840 (2021/10/18 07:04:54時点 Amazon調べ-詳細)

ガスとIH両対応!持ち手が木でできていてホーロー製品には珍しい組み合わせ。

持ち手が熱くなりにくいのは嬉しいポイントですね。

自分に合ったドリップポットで、もっと美味しいコーヒーを楽しみましょう!