【カリタ】ウェーブドリッパーとフィルターがかわいくて初心者にも使いやすい

【カリタ】ウェーブドリッパーとフィルターがかわいくて初心者にも使いやすい

12月 24, 2020
コーヒー器具/グッズ

カリタのウェーブシリーズは、初心者からプロまで安定した味が出せて使いやすく、見た目もかわいいことから人気の商品。
私が今回購入したのは、ステンレス製ドリッパー・フィルターセット(1~2人用)です。
初めてのウェーブドリッパー・フィルターでしたが、とても気に入ったので特徴や使い勝手をレビューします。

カリタウェーブドリッパー155(1~2人用)

カリタウェーブドリッパー箱・中身

1~2杯用は小さくでコロンとしています。とても軽くて扱いやすい。ドリッパーのサイズは1~2人用(155)2~4人用(185)があり、材質はステンレス製や銅製・耐熱ガラス製があります。
公式サイトの定価は、ドリッパーが2,860円ペーパーフィルターが363円ですが、Amazonだとドリッパー単品で1,650円、ドリッパー・フィルターセットで1,915円で購入できます。(2021年4/5現在)

製品詳細

カリタウェーブドリッパー外観2

「Kalita」のロゴがかっこいいですね。メイドインジャパンなので品質も心配なさそうです。

商品名ウェーブドリッパー155
本体サイズ(mm)120×100×60
本体重量90g
素材ステンレス
化粧箱サイズ(mm)109×109×69
生産日本
杯数1~2人用
定価2,860円

ドリッパー底の「カリタ式三つ穴」で雑味を抑える

ドリッパーの底は円形で3つの穴があります。この3つの穴が長時間フィルターとウェーブゾーン(ドリッパーの底)にコーヒー液がとどまらず雑味成分の抽出を抑えてくれます。
また、ドリッパーの底が平らで均一にコーヒー粉がなじむので、初心者でも注ぎ方を失敗しても、美味しく淹れられるんですね。

カリタウェーブドリッパー外観3
ドリッパー底

裏面はこんな感じ。

カリタウェーブドリッパー裏
ドリッパー裏面

ちなみに銅製のドリッパーもあります。ちょっとお値段が高いですがキラキラと輝くドリッパーは高級感があります。

カリタウェーブフィルター155(1~2人用)

カリタウェーブフィルター箱
カリタウェーブフィルター箱2

赤チェックの箱がかわいい。50枚入っています。
フィルターの箱は切り込みが入っているので、そのまま保存箱として使えます。

カリタウェーブフィルター収納
カリタウェーブフィルター収納2

製品詳細

カリタウェーブフィルター比較
左:1番外側から取り出した 右:1番内側から取り出した
商品名KWF-155(50P)
本体サイズ(mm)全幅(広げた時の直径)/約155mm、底径/約40mm
枚数50枚
杯数1~2人用
化粧箱サイズ(mm)111×90×69
生産日本
定価363円

試しに1番内側のフィルターを1枚取ってみたら、若干ウェーブがつぶれててとがっているように見えました。外側はきれいなウェーブの形だったので、使うときは外側のフィルターから取るほうが良さそうです。味の違いがあるかは分かりませんが、、、

ウェーブフィルターの難点をあげるとすれば、他の円すいフィルターや台形フィルターよりも1枚当たりの値段が高いです。※公式サイト価格を参考

  • カリタウェーブフィルター(100枚/726円)・・・1枚当たり7.2円
  • ハリオ円すいフィルター(100枚/396円)・・・1枚当たり3.9円
  • メリタ台形フィルター(100枚/約350円)・・・1枚当たり3.5円

「20個のウェーブ」が安定した美味しさを生み出す

カリタウェーブドリッパー・フィルター
ドリッパーにはめるとこんな感じ。かわいい。

他の円すい型や台形型はドリッパーにリブ(溝)があるので、フィルターにはリブありません。しかし、カリタウェーブはその反対で、ドリッパーにリブがなくフィルターにリブがあるんですよね。面白い発想です。

ウェーブフィルター185 (155)は、ドリッパーとの接触面が少ないから、長時間フィルター内のかたよったところにお湯がたまらず、すみやかにドリップされます。

カリタ公式ーウェーブシリーズ

つまり、フィルターのウェーブ部分があることでドリッパーとのすき間ができ、お湯がスムーズに流れてムラなく抽出できるということですね。

2人分のコーヒーを淹れてみる

試しに2人分(20g)コーヒーを淹れてみます。カリタウェーブフィルターの箱には「美味しいコーヒーの淹れ方」が記載されていました。

カリタウェーブフィルター箱説明
フィルター箱の側面

コーヒー粉をセットして、

カリタウェーブドリッパーで淹れる1
約20g

30秒蒸らして数回に分けて抽出する

カリタウェーブドリッパーで淹れる3

チョコのカップケーキみたいでかわいい。

カリタウェーブドリッパーで淹れる4

あまり淹れ方を気にせず、ただ楽しんで淹れることができました。

カリタウェーブドリッパーで淹れたコーヒー

雑味がなくすっきりしていて飲みやすいです。普段、クリアな味わいに抽出できる円すい型の「オリガミドリッパー」を使用しているのですが、今回のウェーブドリッパーの味わいの方がほんの少しコクが増しているように感じました。とても美味しいです。

カリタウェーブドリッパー・フィルターの特徴まとめ

  1. ウェーブの形がとにかくかわいい
  2. 淹れる工程も楽しめる
  3. 初心者でも安定した味が出せるので使いやすい
  4. ムラ・雑味のないすっきりした味わいになる
  5. ウェーブフィルターの価格は他のフィルターより高め

初めてのドリッパーにもおすすめなので、是非気になった方は試してみて下さい。