カフェインレスとは思えない!スターバックス「ディカフェハウスブレンド」コストコで買えるものとの違いは?

カフェインレスとは思えない!スターバックス「ディカフェハウスブレンド」コストコで買えるものとの違いは?

スポンサーリンク

スターバックス ディカフェ ハウスブレンドって?

スターバックス創業当時からの定番商品「ハウスブレンド」のカフェインを99%カットしたカフェインレスコーヒー

スタバデカフェパッケージ
250gの豆の状態で販売:1,339円(税込)

ナッツやココアの味わいが特徴で、スターバックス ローストによって引き出された香りやコクなど、すべてのバランスがよいコーヒー。

以前レビューした、こちらのコストコの「スターバックスディカフェハウスブレンド」と名前は同じ。

スタバディカフェハウスブレンド
566gの粉の状態で販売:1,628円(税込)

コストコの商品よりも、内容量は少ない250gで、豆の状態で販売されています。(粉に挽いてもらうこともできます)

ディカフェ ハウスブレンドの基本情報

スタバデカフェ裏面
コストコスタバデカフェ裏面
画像引用:Costco

コストコで販売されている「スターバックスディカフェハウスブレンド」の豆はブラジルのみでしたが、スタバ店舗のものは、コロンビアも入っているようです。

  • 価格
    1,339円(税込)

  • 250g
  • 賞味期限
    5か月程度

ディカフェ ハウスブレンドは香りの良いコク深コーヒー

スタバデカフェ味

かなりコクと苦みが強い印象です。

香りもしっかり残っていて、これがカフェインレスとは思えない味わいで、

通常のハウスブレンドと変わらない美味しさです。

酸味はほとんどなく、苦みが強めなので、ミルクと割るのがおすすめです。

カフェインレスなので夜に飲むコーヒーとして我が家では定番になりつつあります。

icon
MINA

コストコの「スターバックスディカフェハウスブレンド」よりも苦みが強いように感じました。

淹れ方と飲み方

説明では、10gに水180mlが目安。

豆の状態なので、粗めに挽いてフレンチプレスやコールドブリューにしたり、極細挽きにしてエスプレッソを楽しむこともできます。

豆の状態について

スタバデカフェ豆の状態

割れていたり欠けている豆(欠点豆)が多いように感じました。

大量生産だから仕方ないのかもしれません……

コストコで買える「スターバックスディカフェハウスブレンド」の方がコスパが圧倒的に良いです。

  • コストコ:1杯約28.7円
  • スタバ:1杯約53.5円

コストコで買えるディカフェハウスブレンドとの違い

スタバ店舗コストコ
内容量250g566g
1杯あたりの価格約53.5円約28.7円
使用豆ブラジル
コロンビア
ブラジル
挽き方
(粉も可)
香り◎
苦み◎
酸味×
コク◎
甘み△
香り◎
苦み〇
酸味×
コク◎
甘み△

ほとんど味は同じですが、若干コストコで買ったものよりも苦みが強く出ているような気がしました。

コスパを気にする方はコストコでの購入をおすすめします。

カフェインレスコーヒーとしては、味は美味しく飲みやすいのでおすすめです。

Amazonや楽天では粉の状態のものが購入できます。気になった方は試してみてください!