ペーパーフィルターの選び方とおすすめ5選

ペーパーフィルターの選び方とおすすめ5選

6月 4, 2021
コーヒー器具/グッズ

ドリップコーヒーを淹れるのに必要なコーヒーフィルターには、様々な種類と形があります。

今回は、ペーパーフィルターの選び方やおすすめ5選を紹介します。

コーヒーの味わいはフィルターだけで決まるわけではありませんが、フィルターによっても味に変化が出るので、ぜひ色々な種類を試して自分のお気に入りを見つけてみて下さい。

コーヒーフィルターの種類

コーヒーフィルターの種類と特徴は以下の通り。

種類特徴
台形フィルター
ペーパーフィルター
・100円~
・手軽
・すっきりした味
・片付けが楽
金属フィルター
金属フィルター
・1,700円~
・コーヒーオイルを楽しめる
・微粉が出やすい
・洗うのが大変
ネルフィルター
ネルフィルター
・400円~
・まろやかな味
・味のバランス◎
・手入れが大変
(冷蔵庫で保管)
セラミックフィルター
セラミックフィルター
・1,300円~
・水をろ過する
・まろやかな味
・手入れが大変
金額は目安です

コーヒーフィルターの中でもペーパーフィルターは1回きりの使い捨てで扱いやすさNO.1。初心者に特におすすめです。

また、紙がコーヒーオイルを吸うため、すっきりとした味わいを楽しめるのも特徴です。

ペーパーフィルターの選び方

ハンドドリップ

1.形

ペーパーフィルターの形は、ドリッパーの形に合うものを使用します。

ペーパーフィルターの形と特徴は以下の通り。

特徴
台形フィルター
台形
・安定感がある
・しっかりめの味
・初心者向け
円すいフィルター
円すい
・味に変化を出しやすい
・さっぱりめの味
・中級者以上向け
ペーパーフィルター
ウェーブ
・雑味が少ない
・味にムラが出にくい
・価格が高め

台形タイプやウェーブタイプはお湯がとどまる時間が長いので、安定しやすくしっかり味が抽出されます。

反対に、円すいタイプはお湯が通過するスピードが速いため、雑味が出にくくすっきりとした味わいになりやすいです。また、円すいタイプはお湯の注ぎ方によって味に変化を出しやすいのも魅力。

初心者は、台形タイプやウェーブタイプの方が安定した味が出せるのでおすすめです。

2.サイズ

ペーパーフィルターのサイズは、

  • 1~2人用
  • 2~4人用
  • 4~7人用
  • 7~12人用

など様々なサイズがあります。

購入する際は、自分が使うドリッパーのサイズに合ったペーパーフィルターを選びましょう。

3.漂白/無漂白

ペーパーフィルターの漂白・無漂白

コーヒーの味にこだわりたい方は、漂白(白色)タイプのフィルターがおすすめですが、そこまで気にならない方は、ご自分の好みで選んでください。

違い
無漂白(茶色)・紙の臭いがコーヒーに移る
・自然な風合い
漂白(白色)・紙の臭いがしない
・酸素漂白している

無漂白タイプは、使用する前に湯通しすることで臭いを軽減できます。
茶色い見た目がおしゃれなので人気もあります。

反対に、漂白タイプは紙の臭いがしないのでコーヒーの風味に影響しません。
酸素漂白なので体にも影響はありません。

4.繊維の密度/シワ

ペーパーフィルター種類

ぱっと見ただけでは分かりにくいですが、ペーパーフィルターの繊維の密度やシワの深さによっても味わいが変わります。

繊維の密度

肉眼では繊維の密度は分かりませんが、

  • 密度が高い…ゆっくり抽出され、コーヒーオイルや雑味が出にくい。(メリタなど)
  • 密度が低い…スムーズに抽出され、コーヒーオイルや雑味が出やすい。(ハリオなど)

と言われています。

一長一短なので、好みの味わいで選びましょう。

icon
MINA

初心者の方は、安定した味が出しやすい密度の高いフィルターがおすすめです。

クレープ加工(シワが深い)

ハリオ、カリタペーパーフィルター比較
ハリオの方がシワが深い

クレープ加工が施されているとデコボコしたシワの深い見た目になります。
片面クレープ(外側のみ)と両面クレープの2種類あります。

このクレープ加工により、コーヒー粉の目詰まりや過抽出を防ぎスムーズに抽出できます。

クレープ加工されたシワの深いペーパーフィルターの方が価格は高いですが、より雑味が抑えられクリーンで安定した抽出ができます。

ペーパーフィルターのおすすめ5選

味わいにこだわる方なら三洋産業などのクレープ加工されているフィルター、コスパ最優先ならカリタの台形フィルターがおすすめです。

ぜひ、色々なフィルターを試して自分のお気に入りを見つけてみて下さいね。

台形フィルターのおすすめ

【初心者にも◎】メリタ オリジナルナチュラルホワイト 100枚

初心者の方は、メリタのフィルターが繊維の密度が高く安定して抽出できるのでおすすめです。

created by Rinker
メリタ(Melitta)
¥297 (2021/06/19 01:03:04時点 Amazon調べ-詳細)

メリタのアロマジックシリーズは、フレッシュな味と香りを通すアロマホールが特徴。

メリタ独自開発の超微細な「アロマホール」が、お湯を注いですぐに立ちのぼる上質のアロマと、抽出初期に多く出るおいしさ成分をよりスムーズに通します。余分な雑味や脂肪分は通しません。

メリタ公式ーフィルターペーパー一覧

【コスパ◎】カリタ 台形フィルター 漂白タイプ 100枚入り

とてもコスパが良いカリタの漂白フィルター。

普段使いのフィルターにおすすめです。

私も使っています。

円すいフィルターのおすすめ

【イチオシ!】三洋産業 円すいフィルター 漂白タイプ 100枚×2個セット

値段が高いので普段使いはしにくいですが、こだわりの1杯を淹れるのにもってこいです。

三洋産業のフィルターは両面クレープ加工が施されているため、よりスムーズで安定した抽出ができます。

多くのプロに愛用されているフィルターです。

【コスパ◎】ハリオ 円すいフィルター 漂白タイプ 100枚入り

円すいドリッパーでよく使われている大定番のフィルターです。

値段も手ごろでスムーズに抽出できるので、すっきりとコーヒーのうま味を楽しめます。

こちらもよく使っています。

ウェーブフィルターのおすすめ

カリタ ウェーブフィルター ホワイト 50枚

ウェーブフィルターは他のフィルターに比べて価格が高いですが、見た目が可愛らしく、初心者でも安定した味が出せるので使いやすいです。

詳しくは以下のレビュー記事を参考にしてください。

関連記事「【カリタ】ウェーブドリッパーとフィルターがかわいくて初心者にも使いやすい