【コクうまカレーの隠し味】カレーにコーヒーを入れる量とタイミング

【コクうまカレーの隠し味】カレーにコーヒーを入れる量とタイミング

カレーの隠し味としてコーヒーを入れると、「コクうま大人カレー」を楽しむことができます。

今回は、カレーに入れるコーヒーの種類や量、タイミングを紹介します。

カレーにコーヒーを入れることによるメリット

カレーライス

カレーにコーヒーを入れることによって、

  • コクが増す
  • 深みが出る
  • ほどよい苦みがでる

などの効果があります。

作ったその日から2日目のようなコク深いカレーを味わうことができますよ。

icon
MINA

大人な味わいのカレーを作りたい時にもピッタリです。

カレーに入れるコーヒーの種類

インスタントコーヒー

インスタントコーヒーが1番おすすめ

カレーの隠し味に1番おすすめは、インスタントコーヒーです。

インスタントコーヒーなら

  • すぐに手に入る(安価)
  • 量の調節がしやすい
  • 溶けやすい
  • 味のブレがあまりない

ので、初めての方にも試しやすいと思います。

ドリップコーヒーやコーヒー牛乳もOK

濃い目に抽出したコーヒーもインスタントコーヒーと同じように使えます。

コーヒー牛乳の場合は、砂糖の「甘み」が強く出るので注意してください。

どちらにせよ、少量ずつ入れて味見しましょう。

カレーにコーヒーを入れるタイミング

カレーライス (2)
  • ルーがしっかり溶けた後に入れる

コーヒーを入れるタイミングは、ルーを溶かし終わった後に仕上げとして入れるのがベストです。

仕上げに入れることで、コーヒーのコクと苦味が活かせます。

カレーにコーヒーを入れる量

インスタントコーヒー
  • コーヒー小さじ1杯程度入れる(4~5皿分)

まずは小さじ1より少なめに入れて味見をして調節してみて下さい。

インスタントコーヒーもドリップコーヒーも同じです。

コーヒー牛乳は大さじ1より少なめから調節してみて下さい。

icon
MINA

入れすぎに注意!

カレーにコーヒーを入れすぎたら

カレー

もしコーヒーを入れすぎて苦くなってしまったら、以下のような調味料を入れてみて下さい。

  • ケチャップとウスターソース
  • 唐辛子

ケチャップとウスターソースは酸味と甘みがプラスされて苦味が穏やかになります。

唐辛子で辛みを足すのもおすすめです。

icon
MINA

意外にマッチするカレーとコーヒー。ぜひ試してみてください。