実は入っている!コーヒーに含まれるたんぱく質の量は?

実は入っている!コーヒーに含まれるたんぱく質の量は?

5月 21, 2021

実はコーヒーにもたんぱく質は含まれていて、コーヒー豆100gあたり13gほど摂取できます。

この記事ではコーヒー1杯あたりのたんぱく質の摂取量と、コーヒーを飲みながらたんぱく質を効率よく摂取できるおすすめのドリンクを紹介します。

コーヒーにたんぱく質は含まれるのか

コーヒー豆

抽出したコーヒーのたんぱく質はコーヒーカップ一杯で0.3gほど。

コーヒー豆自体にたんぱく質が多く含まれているわけではないので、お湯で抽出したコーヒーではほとんど摂取できないと思っていいでしょう。

また、お湯で抽出したコーヒーとコーヒー豆そのものでは含まれるたんぱく質の量は異なります。

コーヒー豆のたんぱく質

お湯で抽出する前のコーヒー豆は100gあたり約13g程度のたんぱく質が含まれています。

100gの豆を使ってコーヒーを飲むのは大変ですが、豆からなら摂りやすいですね、

またコーヒー豆をそのまま食べてたんぱく質を摂取するのは大変ですが、コーヒー豆をチョコレートでコーティングしたビーンズチョコは、コーヒー豆のたんぱく質をおいしく摂ることができます。

人気コーヒーチェーン「ドトールコーヒー」では、コーヒー豆をまるごと使用したビーンズチョコを販売しています。

コーヒーのほろ苦さと一緒にたんぱく質を摂取したい方にはぴったりです!

インスタントコーヒーのたんぱく質

インスタントコーヒー100g当たりのたんぱく質は14.7g。

実際にコーヒーとして飲む場合の使用量は2~3g程度ですので、一杯からは0.4gほどのたんぱく質が摂取できるようです。

インスタントコーヒーからでもたんぱく質が豊富に摂取できるわけではありません。

コーヒーを飲みながらたんぱく質を効率よく摂取するには

残念ながらコーヒーだけでは、たんぱく質を多く摂取できるとは言えません。

株式会社JMWから発売されているカフェテインは、コーヒーの味で美味しくたんぱく質を多く摂取できます。

コーヒーとたんぱく質を同時に摂りたい方におすすめのドリンクです。

また、市販のコーヒーとプロテインを混ぜて作るプロッヒーも美味しく効率良くたんぱく質を摂取できます。

詳しくは【ダイエッターに好都合なドリンク】プロッヒーの効果と作り方をご覧ください。

▸おすすめアイテム【カフェテイン
栄養補給にも!手軽にカフェイン&プロテインを摂取できボディメイクが目指せるドリンク。