コーヒーフレッシュは本当に体に悪いのか

コーヒーフレッシュは本当に体に悪いのか

手ごろな価格で購入でき、常温保存できるコーヒーフレッシュ。

近頃コーヒーフレッシュは体に悪いと言われていますが、その理由とコーヒーフレッシュの成分について詳しく解説します。

icon
MINA

体に良いものではありませんが適量使う分には問題ありません。

コーヒーフレッシュとは

たくさんのコーヒーフレッシュ

コーヒーフレッシュ(英語: creamer)もしくはフレッシュは、コーヒーなどに加える小型のクリームを意味するポーションクリーム(和製英語: potion cream)で、食品分類上の区分は「植物性油脂食品」や「植物油脂クリーミング食品」である。

Wikipediaーコーヒーフレッシュ

コーヒーフレッシュはミルクではなく、植物油脂クリーミング食品です。

以前は、コーヒーに入れるミルクは牛乳や生クリームが使われていましたが、流通や長期保存に対応するため、1950年代に代替品として開発されたそうです。

コーヒーフレッシュの成分

コーヒーフレッシュの原材料とその意味

スジャータ コーヒーフレッシュ

スジャータ(1個5ml)の場合を例にすると原材料は以下の通り。

  • 植物油脂(国内製造)
    植物から採取した油脂。
    油を加工したり、高温で精製したりすると生じる「トランス脂肪酸」が含まれることがある。
  • 乳製品
    動物の乳、特に牛乳を加工して作られる製品の総称。
  • 砂糖
    甘みを持つ調味料。
  • デキストリン
    いも類やとうもろこしのデンプンを分解したもの。
  • カゼイン
    牛乳やチーズなどに含まれるタンパクの一種。
  • pH調整剤
    食品を品質を保つために使う食品添加物。
  • 乳化剤(一部に乳成分・大豆を含む)
    界面活性剤と同義。
    油と水を混合して均一に乳化させるために使う。

原材料には乳製品と書かれてあるので、一応牛乳の成分も少し含まれているようです。

香料や酸化防止剤、増粘多糖類が入っているコーヒーフレッシュもあります。

icon
MINA

これらの添加物は、他の多くの食品に含まれていて、私たちも日常的に摂取しています。

カロリー(1個5ml当たり)

  • エネルギー:13kcal
  • たんぱく質:0.2g
  • 脂質:1.3g
    • 飽和脂肪酸:0.6g
    • トランス脂肪酸:0g
  • コレステロール:0mg
  • 炭水化物:0.2g
  • 食塩相当量:0.03g

つまり、コーヒーフレッシュは、油と添加物で作られているので、カロリーのほとんどは脂質です。

icon
MINA

スジャータのコーヒーフレッシュのように、トランス脂肪酸を含まないコーヒーフレッシュも増えています。

参考:スジャータ

コーヒーフレッシュの体に悪い成分とは

使ったコーヒーフレッシュ

では、コーヒーフレッシュが体に悪いと言われる成分は何でしょうか。

  • トランス脂肪酸
    トランス脂肪酸は、脂質の構成成分である脂肪酸の一種。
    反すう動物(牛や羊)に由来する乳製品や肉に含まれるものや、油脂の加工・精製でできるものがある。
  • 乳化剤
    油と水のように混じり合わないものを均一に混ぜ合わせる薬剤。
    他に、湿潤、浸透、可溶化、起泡、消泡、抗菌などの作用がある。

トランス脂肪酸の危険性

メロディアンコーヒーフレッシュ

トランス脂肪酸を摂りすぎると、心筋梗塞などの動脈硬化(冠動脈疾患)の原因になる可能性が高いとされています。

また、肥満やアレルギー症状が悪化する可能性もあるそうです。

icon
MINA

「トランス脂肪酸の1日の摂取は2g未満にしましょう」と呼びかけられています。

一番量が多い「スジャータプレミアム(8ml)」でもトランス脂肪酸は1個当たり0.2gなので、適量使うなら問題ありません。

気になる方は、トランス脂肪酸ゼロのコーヒーフレッシュを選びましょう。

created by Rinker
メロディアン
¥1,496 (2021/10/17 13:35:46時点 Amazon調べ-詳細)

乳化剤の危険性

コーヒーフレッシュを入れる

乳化剤は、パンやアイスクリーム、ドレッシングなどの食品の他に、洗剤や化粧品などにも「界面活性剤」という表記で幅広く使われています。

乳化剤にもいくつか種類があるのですが、原材料の表記は「乳化剤」と一括表示されているので、コーヒーフレッシュにどの乳化剤が使われているのか、詳しい種類は分かりません。

主な乳化剤は以下の通りです。

  • グリセリン脂肪酸エステル
  • レシチン(卵黄・大豆・なたね油)
  • サポニン(キラヤ抽出物・大豆
  • ショ糖脂肪酸エステル

特に乳化剤の中で注意したいのは、「大豆由来の乳化剤」

大豆アレルギーの方はもちろん避けなければいけませんが、大豆由来の乳化剤の危険性は「使用されている大豆が遺伝子組み換えである場合」です。

遺伝子組み換え作物を摂取したことによる健康被害(ガン・白血病・アレルギー・不妊)が一部から指摘されており、100%安全とは言い切れないためです。

コーヒーフレッシュに限らず、こうした添加物はたくさんの食品に使われているので、全ての添加物を避けるのは難しいです。

icon
MINA

過剰摂取に気を付け、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

コーヒーフレッシュの代わりになるもの

牛乳
  • 牛乳や豆乳で代用しよう

コーヒーフレッシュは、決して体に良い食品ではありませんが、コーヒーに1~2個入れる分には健康被害があるとは言えないでしょう。

なるべく添加物を避けたいという方は、コーヒーフレッシュの代わりに牛乳や豆乳を入れるようにしましょう。

参考:農林水産省-すぐにわかるトランス脂肪酸
食品衛生の窓
Colorda(カラーダ)乳化剤は身体に害? 食品添加物の真実