【ダイエッターに好都合なドリンク】プロッヒーの効果と作り方

【ダイエッターに好都合なドリンク】プロッヒーの効果と作り方

4月 22, 2021

プロッヒーとはプロテイン+コーヒーを合わせたドリンクの新しい名称です。

TikTokを始め、各SNSで話題になっていて「おいしい」「これなら続けられる!」という声も多く上がっています。

実はコーヒーとプロテインの飲み合わせは定着しつつあり、運動に効果的なカフェインとプロテインを一度で摂取できる合理的なドリンクです。

プロッヒーの効果

ダイエットや筋トレ、ランニングが趣味の方はプロテイン(たんぱく質)の重要さをご存じかと思います。

運動によって消耗した筋肉には、プロテインを摂取することにより増強し、回復を促します。
プロッヒーを飲むことによってワークアウト後に重要なリカバリーの役割を果たしてくれるのだそう。

なぜコーヒーとプロテインなのか

もちろん「プロテインは水で溶かして飲むもの」そんな認識を持った人も多いでしょう。
コーヒーで作るメリットは味の良さとカフェイン摂取にあります。

カフェのドリンクのような味わい

プロテインには企業によって様々な味があります。

例えば「キャラメルコーヒー風味」のプロテインとコーヒーを混ぜて飲むと、カフェで注文するドリンクのような味わいになったりします。

意外とプロテイン独特の甘い味わいが苦手な人は多いので、プロテインを飲む楽しさも増えますね!

カフェインが摂取できる

カフェインの摂取はスポーツ全般においてパフォーマンスの向上が認められてきました。

筋トレ時には集中力や筋力を一時的に高め、マラソンに必要な持久力を高める効果もあります。

マラソンにおいては約3%もパフォーマンスが向上したという研究データも存在し、トップランナーたちは競技前カフェインを摂る人も増えているのだそう。

なぜコーヒーとプロテインを一緒に飲むのか理解できてきますね。

プロッヒーの作り方と味

作り方はとっても簡単!

プロテインシェイカーにアイスコーヒーを入れ、お持ちのプロテインを入れシェイクするだけ。

試しにチョコ味のプロテインとコーヒーを合わせて飲みましたが、カフェモカのよう味わいでとても美味しくいただけました!

運動前と運動後ではどちらに飲むべき?

たんぱく質は運動後30分以内の摂取が基本です。しかしプロッヒーはランニングや長距離走るときの燃料源としても効果的です。

臨床実験も行われたようで、たんぱく質を摂取するタイミングはワークアウトの直後でなくても大きな変化はないそうです。

筋トレの日はトレーニングの後、ランニングの日は走る前に。など好きなタイミングで飲んでOKですね!

関連記事→「知ってほしいコーヒーの脂肪分解効果について

よりプロテインを摂取しやすいダイエットコーヒーもある

そんなプロッヒーですが、わざわざコーヒーとプロテインを用意しなくても一度でカフェインとプロテインを摂取できるドリンクがあります

カフェテイン」は管理栄養士、薬剤師、カラダのスペシャリストが開発した、代謝アップと筋力維持で効率的にボディメイクが期待できるダイエットサポートドリンク。

ダイエットだけでなく栄養補給もしたい方にもってこいの性別関係なくおすすめできるドリンクです。

めんどくさがり屋の方はぜひチェックしてくださいね。

Caffetein(カフェテイン)

  • 通常6,458円(税込)+送料初回71%オフ2,138円(税込)
  • 女性も男性も!手軽にカフェイン&プロテインを摂取できボディメイクができる
  • 定期便は送料無料&2回目以降41%オフ(4,298円税込)
  • いつでも解約OK
  • クレジットカード決済でシェイカーがもらえる