コーヒーの飲みすぎで体臭悪化?体臭を予防する飲み方とは

コーヒーの飲みすぎで体臭悪化?体臭を予防する飲み方とは

5月 17, 2021

今回は、コーヒーによる体臭悪化の原因や体臭を予防するコーヒーの飲み方をお話します。

コーヒーは、1日3杯程度飲むことで体臭を予防し、飲みすぎると逆に体臭悪化の原因になります。

そもそも体臭の原因は?

体臭の原因は「汗・皮脂・垢」

皮膚の雑菌が、汗・皮脂・垢に含まれる脂質やたんぱく質などの成分を酸化・分解するため、嫌なニオイが発生します。

コーヒーが体臭を強くする要因

以下のような原因から、コーヒーの飲みすぎは体臭を悪化させることがあります。

  • 皮脂分泌の増加
  • 自律神経の乱れで汗をかく
  • 肝機能・腎機能低下で老廃物が蓄積する
  • 胃酸分泌の増加
  • 水分不足

皮脂の分泌が増える

カフェインを多量に摂取すると、コルチゾールとよばれるストレスホルモンが過剰に分泌されます。

その分泌に比例して男性ホルモンも増え、皮脂の分泌が増加します。

皮脂が増加し酸化することで体臭が発生します。

自律神経が乱れて汗をかく

自律神経の乱れイメージ

カフェインの多量摂取により睡眠の質の低下や内臓の機能が低下すると、自律神経の乱れが起きます。

自律神経が乱れると、汗をかきやすくなるため体臭が発生してしまいます。

肝機能・腎機能の低下で老廃物が蓄積する

コーヒーを飲みすぎることで、肝機能・腎機能に負荷がかかります。

すると分解できなかった老廃物が蓄積され、汗や呼吸と共に体外に体臭として嫌なニオイの体臭を発生させてしまいます

胃酸の分泌が増える

カフェインやクロロゲン酸には胃酸の分泌を高める作用があり、コーヒーを多量に摂取すると胃の調子が悪くなることがあります。

胃酸の発生が過剰になると、胃がムカムカしたり強い口臭の原因となります。

▸口臭を手軽に対策するなら、3秒で口臭予防・口内浄化ができる【薬用オーラクリスター・ゼロ】がおすすめ!

水分不足

水

カフェインによる利尿作用によって水分不足になると、口が乾きやすくなり口臭がきつくなります。

また、口が乾くと唾液の分泌量も低下し歯垢が増加するため、さらに口臭も強くなります。

また、水分不足により汗にも強いニオイが凝縮されてしまいます。

参考記事➝「【原因と対策】コーヒーを飲んだ後の口臭はなぜ発生するのか

コーヒーには体臭を予防する効果もある

コーヒーは適量飲むことで、体臭を予防する効果もあります。

コーヒーの効果体臭予防効果
抗酸化作用皮脂の酸化を防ぐ
便秘改善便臭を防ぐ
リラックス効果ストレス臭を防ぐ
脂肪燃焼効果強いニオイの汗を減らす

太っている方は脂肪が多い分、体温が上がりやすく、アンモニアや乳酸が多く含まれる強い体臭の汗をかきやすい傾向にあります。

脂肪燃焼効果により体脂肪を減らすことで、体臭予防が期待できます。

飲みすぎはNG!体臭を予防するコーヒーの飲み方

コーヒーをこぼす

コーヒーは1日3杯程度にとどめ、空腹時や就寝前は胃が荒れたり睡眠の質の低下につながり、体臭を強める原因になるので避けましょう

また、利尿作用による水分不足で強い口臭にならないように、こまめに水分補給を心がけましょう。

ポイント
  • 飲みすぎると体臭悪化の原因になることがある
  • コーヒーは1日3杯程度に
  • 空腹時、就寝前は避ける
  • こまめに水分補給をする

薬用オーラクリスター・ゼロ公式サイト

参考:くすりと健康の情報局-体臭の症状・原因
参考:日経Gooday-「太っている人の汗は臭い」ってホント?