コーヒー好きにこそ知ってほしい!コーヒーをやめるメリットについて

コーヒー好きにこそ知ってほしい!コーヒーをやめるメリットについて

毎日コーヒーを飲む方でもカフェインを日常的に取ることで「寝つきが悪くなった」「なんだかそわそわする」など感じる方も多いのではないでしょうか?

この記事ではコーヒーを一時的にやめることのメリットや、実際にコーヒー好きの私がコーヒーを一時的にやめた時の経過を書いていきます。

メンタリストDaiGoさんの以下の動画でも詳しく説明しているので、音声がこちらも!

コーヒーをやめる効果やメリットについて

みんなでコーヒーを楽しむ

コーヒーに含まれている「カフェイン」を断つと以下のような効果やメリットが見込めます。

  • メンタル的(精神的)疲れがなくなる
  • 焦燥感がなくなる(そわそわしなくなる)
  • 寝つきが良くなる
  • 逆に集中力が増す

やめるといっても一生やめるのではなく、コーヒーを飲む週と飲まない週のサイクルを作ると良いです。

カフェインを摂取することのメリット、摂取しないことのメリットの両方を感じることができます。

カフェインは適切に摂取するとアドレナリンが増え、集中力が増したりします。

しかし、日常的に摂取すると体が慣れ効果が薄くなったり、カフェインを摂らないと気分にムラが出たりします。

また、脳や副腎に疲れがたまるため、カフェインを摂らない日を作ることで体がリフレッシュします。

関連記事「コーヒーに含まれるカフェインの効果や副作用

カフェインの強さは遺伝子によって効果がかわる

遺伝子によって決定するカフェイン感受性は人によって異なります。

一日に500mgほど以上摂取しても平気な人、逆にコーヒー1杯飲むだけで動悸がする人がいるのはこのためです。

全体人口の大多数は「中カフェイン感受性」で、多くの方には1日のカフェイン摂取量を最大400 mgを推奨しているようです。

目安としてはコーヒーをマグカップ(237 ml入り)で約3杯までとしているので、これ以上摂取している人は、慢性的な疲れがたまっている可能性があります。

icon
MINA

ぜひカフェイン断ちを試してみてください!

コーヒーをやめる方法

コーヒーブレイク

やり方は簡単でカフェインが含まれる飲料、「コーヒー、紅茶、ココア、烏龍茶、コーラ」などを飲まないようにしましょう。

代わりに水や麦茶、炭酸水、コーヒー好きな方はデカフェなどを代用すると良いでしょう。

コーヒーを実際にやめてみました

仕事中のコーヒー

1日3杯以上コーヒーを飲んでいた私が2週間カフェイン断ちをした時の経過は下記の通りになります。

1日~3日目

夜眠たくなる時間が早くなり、いつもより多くとったにも関わらず、翌日も常に眠い日が続きました。

日中眠く、弱い頭痛を感じことがあり、いわゆる離脱症状を1番感じるのがこの時期でした。

対処として昼食を早く済ませ、昼寝をすることでリフレッシュを行いました。

4~7日目

眠気の強さは落ち着いたものの、とにかくコーヒーが飲みたくなりデカフェ(カフェインレスコーヒー)を取り入れました。

最近のデカフェは味も美味しいものが多く、デカフェでも全然いいじゃん!と感じるように。

デカフェのドリップバッグ

私はドリップコーヒーファクトリーのカフェインレスコーヒーを飲みました!普通に美味しい。

コーヒーで睡眠の質を改善したい方には【カフェサプリ GABA】もおすすめ!

<カフェインレスのおすすめコーヒー>

【カフェサプリ GABA】
睡眠の質を高めるGABA配合の美味しいカフェインレスコーヒー

  • 睡眠の質を向上させる
  • スッキリした目覚めをサポート
  • デスクワークなどの一時的な疲労感緩和

初回送料無料の7日間お試しセットが980円(税込)で試せます。

レビュー記事「【レビュー】ドリップコーヒーファクトリーのデカフェドリップバッグは美味しくてコスパが良い

1週間~2週間

この辺りから、眠くなる日がなくなりました。

心なしか仕事の集中力上がり生産性が上がったように感じ、コーヒーを飲むことによって上がっていた生産性がムラなく一定になった気がしました。

普段は夜遅くまで起きて、朝が眠い日が多かったのですが、カフェインを断つことで生活や睡眠のサイクルが良くなったを感じました!

頭痛がする場合

うずくまっている少年の写真

カフェイン断ちをすると多くの方は、睡魔や頭痛に悩まされるようです。

私の実践でもありましたように、お昼を食べる時間を早く済ませ15分程度の仮眠をはさみましょう!

短時間の睡眠は医学的にも推奨されているため、仮眠を取りリフレッシュする習慣をつけると良いでしょう。

コーヒーを一時的にやめて感じたこと

コーヒー豆を手に持つ
  • 最初の3日間は強い眠気がした
  • 1週間ほどでコーヒーが飲みたくなった
  • 1週間過ぎると安定した生産効率を保てるようになった
  • 生活や睡眠サイクルが良くなった

コーヒーが大好きで、カフェイン過多のデメリットを知ってはいたものの、なかなか行動に移すことができませんでした。

しかし、コーヒーやカフェイン断ちは一生するものではなく、2週間程度のサイクルに分けることで良いと知り、今回の実践に移すことができました。

コーヒーを飲まない1週間はやはり離脱症状が出るものの、1週間経過あたりから症状もなくなり体が軽くかんじることができました。

カフェイン断ちをやめた後はコーヒーの香りや、味をより鮮明に感じることができカフェインの覚醒作用も毎日飲んでいた頃よりはっきりと感じることができように。

毎日コーヒーを飲んでいるコーヒー好きにこそ今回のカフェイン断ちを試してもらいたいです。

もっとコーヒーの味や素晴らしさを感じることができますよ!

参考:食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A ~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~