【おうちで濃厚カフェオレ】ミルクコールドブリューの作り方

【おうちで濃厚カフェオレ】ミルクコールドブリューの作り方

8月 28, 2020

今回は、ミルクコールドブリューの作り方を紹介します。

コールドブリューコーヒーは通常「水」で抽出しますが、ミルクコールドブリューは「牛乳」で抽出します。

icon
MINA

コールドブリューボトルがない方でも、100均のお茶パックとボトルで簡単に作れるので試してみて下さい。

ミルクコールドブリューの作り方

今回は、100均のお茶パックを使って作ります。

用意するもの

  • コールドブリューボトル(口が広いボトルでも可)
  • コーヒー豆(中挽き):35g
  • 牛乳:500ml
  • お茶パック:1枚(ストレーナー付きなら不要)

コーヒー粉の量はお好みで調節してくださいね。

ポイント

カフェオレには酸味控えめの深煎り豆がおすすめ!
挽き目は、コーヒーパックやストレーナーの隙間から落ちないように中挽き程度が良いでしょう。

お茶パックにコーヒー粉を入れコーヒーパックを作る

中挽きのコーヒー粉35g入れます。

折り返し部分を裏返すとフタができます。

コーヒーパックをボトルにセット

ボトルに入れる

今回使用するボトルは、WEMUGのコールドブリューボトル

ストレーナー付きのボトルですが、外して作ります。

ボトルに牛乳を入れる

500mlの牛乳をゆっくり注いでください。

冷蔵庫に10時間置く

コーヒーパック分かさが増す

冷蔵庫に約8~10時間置いて抽出します。

完成

10時間抽出

カフェオレの色になりました。

コーヒーパックを取ると430mlくらいの完成量。

2~3杯分ですね。

icon
MINA

濃厚なミルクと濃いコーヒーがとっても美味しい!

あんまり長く抽出すると苦味も出てきてしまうので注意です。

お茶パックがあれば他のボトルでも出来る

ボトルとお茶パックで、簡単に濃厚なミルクコールドブリューが作れるので、カフェラテがお好きな方におすすめです。

私は、ストレーナーよりもお茶パックを使った方がコーヒーかすを捨てるのが楽ちんなので、お茶パックを使うのもけっこう好きです。

ぜひ試してみてください。