コールドブリューコーヒーとは?アイスコーヒーとの違いや作り方・アレンジ方法を紹介

コールドブリューコーヒーとは?アイスコーヒーとの違いや作り方・アレンジ方法を紹介

7月 26, 2019
知識

暑い季節には冷たいコーヒーが飲みたくなりますよね。
実は、冷たいコーヒーにも種類があるんです。
お湯から作る「アイスコーヒー」と、水から作る「コールドブリューコーヒー」と呼ばれるコーヒーがあります。

そこで今回は、コールドブリューコーヒーについてお話します。

コールドブリューとは

コールドブリューのコールドは”冷たい”、ブリューは”抽出”を意味する英語です。
つまりコールドブリューは冷たい水で抽出することを意味しています。

コーヒーはお湯で抽出するのが一般的ですが、コールドブリューは水でゆっくり時間をかけてコーヒーを抽出する、いわゆる「水出しコーヒー」と呼ばれるものです。
オランダ発祥のダッチコーヒーとも呼ばれます。

コールドブリューコーヒーの特徴(アイスコーヒーとの違い)

コールドブリューコーヒーとアイスコーヒーは一見同じように感じますが、いったいどのような違いがあるのでしょうか。

その違いは
「お湯から抽出するか」
「水から抽出するか」
の違いになります。

水から長時間かけて抽出

アイスコーヒーはホットコーヒーと同じように短時間でお湯で抽出・ろ過して作ります。
アイスコーヒーはそこに氷を入れるなどして冷やすため、コーヒー独特の苦みやえぐみがはっきりとわかるのです。

一方コールドブリューコーヒーは、コーヒー豆を直接水に浸し、冷蔵庫などで長時間(8~24時間)ゆっくりと抽出・ろ過して作ります。
やや時間がかかることが難点なので夜間寝る前などに作るなどして工夫する必要があります。

飲みやすい

お湯で淹れてから冷やすアイスコーヒーよりも苦味や雑味、エグみを抑え、スッキリ優しい味わいに仕上がるので、コーヒーが苦手な方でも飲みやすくなっています。
それは、コールドブリューコーヒーは水から抽出・ろ過するので、高温による酸化が起きにくいからです。
そのため苦味やエグみの成分であるカフェインやタンニンが溶け出しにくくなるのです。

コールドブリューコーヒーの作り方

自宅で簡単にできるコールドブリューコーヒーの作り方を紹介します。

市販のコーヒーパックから作る

コールドブリューコーヒーを作る一番シンプルで簡単な方法です。

用意するもの(500㎖の場合)

  • ポットやピッチャー
  • 市販のコーヒーパック(500㎖用)
  • 水(500㎖)

まず、下の商品のような市販の水出しコーヒーバッグを用意しましょう。

created by Rinker
ゴールドスペシャル
¥1,080 (2021/04/14 19:25:00時点 Amazon調べ-詳細)

ポットやピッチャーは自宅にあるもので代用可能です。専用の水出しコーヒーポッドもあります。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥3,609 (2021/04/14 00:34:44時点 Amazon調べ-詳細)

手順

  1. ポットにコーヒーパックを入れ、水(500㎖)を入れる
  2. 冷蔵庫に約8時間入れる
  3. コーヒーパックを取り出したら、完成!

水1ℓで作りたい場合は、コーヒーパック1ℓ用を使用してください。
冷蔵庫に入れる時間は目安時間になりますので、お好みで時間調整をしてみて下さい。

時間が長いほど味が濃くなりますが、長すぎるとエグみが出てきてしまう可能性がありますのでご注意ください。

また、市販のコーヒーパックでしたら、おすすめの抽出時間が記載されていることがほとんどだと思うので、それに合わせた時間で抽出しましょう。

コーヒー豆から作る

こちらは自分で豆を選んでフィルター付きの水出しコーヒー専用ポットで作る方法です。

用意するもの

  • ポットやピッチャー
  • コーヒー豆(40~50g)
  • 茶葉などを入れるパック
  • 水(500㎖)

茶葉などを入れるパックは下の画像のような商品です。100円ショップでも販売されています。

手順

  1. コーヒー豆を中・細挽きにする
  2. パックに詰める
  3. ポットにコーヒーパックを入れ、水(500㎖)を入れる
  4. 冷蔵庫に約8時間入れる
  5. コーヒーパックを取り出したら、完成!

パックは使わず、そのまま挽いたコーヒー豆をポットに入れて作ることができます。
水1ℓで作りたい場合は、コーヒー豆80~100gを使用してください。
初めての方は、コーヒー豆は中挽き・深煎りがおススメです。

挽きの粗さによってコーヒーの濃さが変わり、挽きが粗いほど味が薄く、細かいほど味が濃くなります。
アイスコーヒーに最も適しているのは深煎りと言われていて、苦味とコクのある深煎り豆が水出しコーヒーにおすすめです。
コーヒーショップやカルディなどでコールドブリューにおすすめの豆を店員さんに聞いてみるのもいいかもしれませんね。

カルディの水出しコーヒーを実際に作った記事も参考にしてみて下さい。

アレンジ

コールドブリューの作り方を簡単に紹介しましたが、自分のオリジナルコールドブリューを探すのも楽しいかもしれません。

コールドブリュー用のお気に入りの豆を探してみる

アイスコーヒーはホットコーヒーよりも酸味を感じやすいため、コールドブリューは基本的に酸味の少ないコーヒー豆が適しています。

コーヒー豆は浅煎りのほうが酸味が出やすく、深煎りになるほど苦味とコクが増します。
そのため、煎り方は酸味がある程度抑えられた中・深煎り以上がおすすめです。

すっきりとした酸味の強い味わいが好きな方は、浅煎りを試してみるのもいいでしょう。

原産国による味わいの違い

ブラジルやコロンビアなどに代表される南部原産のコーヒー豆は、全体のバランスが良く多くの人から好まれています。
一方コスタリカやパナマなどに代表される中米原産のコーヒー豆は、フルーティーな酸味が特徴的。
よりさわやかな味わいを求める方は中米原産のコーヒー豆を選択すると新たな発見があるかもしれません。

中には上記で説明したような複数のコーヒー豆がブレンドされているものもあります。
より特徴を求める方はブレンドタイプを選択するのもよいでしょう。

関連記事

フルーツ・コールドブリュー

なかにはビタミンたっぷりのフルーツやリラックス効果のあるハーブを入れる「フルーツ・コールドブリュー」というものもあります。

冷蔵庫で寝かせる際にお好みのフルーツやハーブを一緒に浸け込めば、爽やかなフルーツ・コールドブリューができます。
コーヒーによく合いサッパリとした味わいになるオレンジなど柑橘系の果物や、トロピカル風にできるマンゴーやパイン、ベリーなどもいいでしょう。
ハーブならフレッシュミント、レモングラスを入れるとリラックス効果も得られます。
見た目もとてもきれいなので、可愛いグラスに入れるのがおすすめです。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。